現場の収まりと施工性を向上、 「Tースプリング」。

「ハイパーロードスプリング」の原理を生かしながら、汎用工具でも使用できるように形状を改良。
ボルトの余長に取り付けるだけで、ゆるみや脱落を防止。専用工具で、施工がより簡単になります。

米国航空規格準拠の振動試験をクリア。

NAS3350(National Aerospace Standard 米国航空規格)に準拠した衝撃型振動試験において、T-スプリングを用いた試験体は、ゆるみ・脱落がなく、ゆるみ止め性能が実証されています。

試験条件

試験機冶金

トルク導入時 振動試験結果

低トルク(3N・m)時 振動試験結果

トルク管理不要で確実な性能を発揮。

ボルトの余長に取り付けるだけで、面倒なトルク管理は一切不要。手締めによる取り付けも可能ですが、より確実な施工のために、工具による取り付けをおすすめします。

12角ソケットレンチを使用する場合

①ボルトナットを締め付け

③ナットと共回りしないよう12角ソケットを締め付け

②T-スプリングを手ではめ合わせる

④取り付け完了
※ナットとの間に隙間がないこと
※ボルトの余長が一山以上出ていること

T-スプリング専用ソケットを使用する場合

①ボルトナットを締め付け

③専用ソケットを締め付け方向に回す

②T-スプリングを専用ソケットにはめ合わせる

④取り付け完了
※ナットとの間に隙間がないこと
※ボルトの余長が一山以上出ていること

T-スプリングの取り外し手順(12角ソケット、専用ソケット兼用)

①T-スプリングにソケットをはめ合わせる

③取り外し完了

②T-スプリングをゆるめ方向に回す

使用可能な工具

12角ソケットレンチ(市販品)

T-スプリング専用工具(共回り防止機能付き)
※T-スプリング専用工具は別途販売となります

ローコストを実現したシンプルな機構。

一般ナットと組み合わせるだけのシンプルな手法で、ゆるみ止めナットと同等の性能を発揮。
コスト管理が年々厳しくなる現場で、製品コストの大幅削減に貢献します。

製品コスト比較表

PAGE TOP