現場の収まりと施工性を向上、 「Tースプリング」。

「ハイパーロードスプリング」の原理を生かしながら、汎用工具でも使用できるように形状を改良。
ボルトの余長に取り付けるだけで、ゆるみや脱落を防止。専用工具で、施工がより簡単になります。

Tースプリング

米国航空規格準拠の振動試験をクリア。

NAS3350(National Aerospace Standard 米国航空規格)に準拠した衝撃型振動試験において、T-スプリングを用いた試験体は、ゆるみ・脱落がなく、ゆるみ止め性能が実証されています。

試験条件

試験体
ボルトサイズ M12
材質 SUS304
締め付けトルク トルク導入)80N·m
/各社推奨トルク
低トルク)3N·m
試験条件
加振方向 ボルト軸に対して
直角方向
振動数 1,750回/分(29.2Hz)
振動加速度 実測19.5G
振動ストローク 11mm
衝撃ストローク 19mm
試験体取り付け数 2体
振動回数 上限30,000回

試験機冶金

試験機冶金

トルク導入時 振動試験結果

低トルク(3N・m)時 振動試験結果

トルク管理不要で確実な性能を発揮。

ボルトの余長に取り付けるだけで、面倒なトルク管理は一切不要。手締めによる取り付けも可能ですが、より確実な施工のために、工具による取り付けをおすすめします。

12角ソケットレンチを使用する場合

①ボルトナットを締め付け

③ナットと共回りしないよう12角ソケットを締め付け

②T-スプリングを手ではめ合わせる

④取り付け完了
※ナットとの間に隙間がないこと
※ボルトの余長が一山以上出ていること

T-スプリング専用ソケットを使用する場合

①ボルトナットを締め付け

③専用ソケットを締め付け方向に回す

②T-スプリングを専用ソケットにはめ合わせる

④取り付け完了
※ナットとの間に隙間がないこと
※ボルトの余長が一山以上出ていること

T-スプリングの取り外し手順(12角ソケット、専用ソケット兼用)

①T-スプリングにソケットをはめ合わせる

③取り外し完了

②T-スプリングをゆるめ方向に回す

使用可能な工具

12角ソケットレンチ(市販品)

T-スプリング専用工具(共回り防止機能付き)
※T-スプリング専用工具は別途販売となります

T-スプリングに関するFAQ(よくある質問)

Q.緩まないですか?
A.弊社ではNAS3350という振動試験の規格に準拠した試験に合格した製品になります。
Q.どのように使いますか?
A.ボルトナットを締付けして頂いた後、ボルトの余長に取付て使用します。取付け完了はナットに密着すれば取付完了になります。
Q.繰り返し使えますか?
A.繰返しご使用頂けます。
Q.どこまで締め付ければいいですか?
A.ボルトナット取付後、ボルトの余長に取付て頂きますが、ナットに密着するまで取付頂ければ取付完了です。
Q.専用工具が必要ですか?
A.必ずしも専用工具(専用12角ソケットレンチ)は必要ではありません。ただ、専用12角ソケットレンチを使用頂くと早く取付が可能です。詳しくは、ホームページの「T-スプリング」欄をご参照下さい。
Q.溶融亜鉛めっき、電気めっきのボルトナットに使用できますか?
A.T-スプリングの材質はステンレスですが、溶融亜鉛めっき、電気めっきのボルトナットに使用して頂いても異種金属腐食の心配はございません。どぶめっき、電気めっきのボルトナットにもご使用可能です。

資料ダウンロードページより製品詳細資料のダウンロードができます。